こんばんは!
トレーナーの宮本です☺


今回は、徐々に増加傾向にある「熱中症(スポーツ現場ver.)」について、ご紹介していきます。



熱中症を予防したい理由は、スポーツパフォーマンスの低下もありますが、一番は「命を落とす危険性があるから」です。






< 熱中症の救急搬送数と死亡者数の年別推移 >


fig-001044-1

(出典:総務省)


昨年は、例年に比べ患者数は低下傾向にはありますが、熱中症が増加してくる「 7月下旬〜8月 」は特に注意が必要です。







熱中症について正しく理解し、適切な予防・対処をして、自分・周りの方の命を守りましょう!







「熱中症」予防対策2021







熱中症とは、



暑い環境下で生じる障害の総称 のことを言います。






細かく分けると4つにも分類されるんです!

img01







「 熱中症のしくみ 」を下の表へまとめました!


スクリーンショット 2021-07-27 20.18.13






次に、熱中症の処置についてご紹介します!



基本処置は以下の通りです。






熱中症を疑う症状が見られたら、早急に



K-07



涼しい場所へ避難し、衣服をゆるめ身体を氷などで冷やし、水分・塩分補給を行いましょう。



・身体を冷やす用の氷の準備


・水分や経口補水液の準備

経口補水液:OS-1 に関しての詳しい情報は下記をチェック👇
https://www.os-1.jp


・熱失神(しっしん)の場合は、足を高い位置へ上げることで回復が期待できます。



dc075fd6610ac76bfef476d9bb9c53381







⚠ 重度の熱射病が疑わる場合は、速やかに救急車を要請し、急速に身体を冷却することが重要です。
※万が一に備え、「 AEDの配置場所 」も確認しておきましょう。






熱中症の処置はとても大切ですが、やはり「 予防 」はもっと大切です。





< 熱中症を予防する4つのポイント >


① 水分と塩分を適切に補給する。



sports_suibun_hokyuu



目安としては、運動による体重減少が「体重の2%」を超えないようにすることとされています。

日本スポーツ協会では、0.1〜0.2%の食塩と糖質を含んだ飲料を推奨されています。


・アクエリアス

・グリーンダカラ etc



② 激しい運動時はマスクを外しましょう。※場合によってはマスクが必要なケースもあり。


summer_necchusyou_mask_girl




人との距離が確保できるような練習の際や気温が高い際の練習では、可能な限りの感染予防対策を行った上で「マスクを外す」対策も行う必要があります。

③ 暑さに徐々に慣らしていくこと(暑熱順化)。


Unknown-3



スポーツ活動等、最初から強度を上げず、少し物足りないくらいから始めることも大切です。



④ 環境整備。


heatstroke-2



練習の時間帯を夕方などの涼しい時間帯にすること。
難しい場合は、涼しい日陰で氷などで身体を冷却でき、水分補給ができる環境をつくること。などが大切になってきます。


⑤ 健康管理・不調がある際に無理をしないこと。


Unknown-4



睡眠は最低でも7時間程度はとり、栄養バランスの良い食事を摂ること。


そして、体調が悪いときは無理をせずに休むことが大切です。







以上、5つの予防ポイントをご紹介しました!





これからが熱中症のピークの時期です。


しっかりと熱中症への準備をして、自分、そして周りの方の命を守りましょう。