こんにちは!

天気の良い日が続き、外でランニングをしている人も多く見かけるようになってきましたね♪
エントリーしながらもマラソンデビューが2年連続持ち越している山岸です。

来年こそはマラソンデビューできるよう今から頑張ります🔥

5kmが目標! ランニング初心者におすすめの無料アプリ『C25K ...




さて、本日はそんなランナーさんを初め、
歩く・立つ・走る・ジャンプするなど日常でも必ず使われる部分であり、
すべての方に大切なについて!



足と言っても、それぞれ捉え方が違い、太ももやふくらはぎなどイメージされるかと思いますが、
本日紹介したいのは⬇⬇⬇

unnamed





〜なぜ足が大切なの?〜

約300万〜350万年前から直立二足歩行となった人間。
生命の神秘―人類誕生― | 一悟術


直立二足歩行では体重の半分ずつが左右の足にかかり、
歩いているときは体重の1.2倍
ランニングでは約3倍
ジャンプでは約6倍の負担が足にかかります。




これまでも

・腰痛予防にお腹(体幹)を鍛えましょう!

・お尻を使って走りましょう!


正しく身体を動かす(運転する)重要性をお伝えしてきましたが、
体重を支えてエネルギーを地面に伝えて身体を動かす足(タイヤ)を整えることも
とても大切なんです!!





足の裏の腱が伸ばされて衝撃を吸収
(クッションの役割)

伸びた分、縮まるチカラが推進力に!
(バネの役割)


434b3994a7a1b83b4512c196c9e2b698





このように吸収⇔反発が適切に起こることで
少ないエネルギーで歩くこと、立つことが可能になります!





足には全身の骨(208個)のうち1/4に当たる56個の骨があり、
骨の配置や筋肉のバランスが崩れることは全身に影響を与えます!!

kineticchain

⬆くさりのように繋がっているので、
一つが捻れれば、捻れが連鎖していく!

(これを業界では、運動連鎖といいます。)




〜足のバランスが崩れる原因は?〜

● きつい靴(ヒールやパンプスなど)で足が締められる時間が長い
● 怪我で痛みをかばって癖のある動きが身についたなど
● 筋力・柔軟性不足で偏った身体の使い方をしている


など、生活や運動時の足へのストレスが原因の一つとなります。

unnamed-2


heri



ただ、仕事の都合でヒールを履かなければいけない。
競技によっては、左右非対称になりやすい。重心が前にかかりやすい。
など、仕方のない部分もあります。


ただ、偏ったまま日常生活を続けると、ますます乱れてしまうので、


リセットをする。整える。ということが大切です!!






〜偏りのタイプチェック!〜


各種大会が少なくなっている今だからこそ、
身体と向き合うチャンスです!

ご家族やランナー仲間などとお互いの足をチェックし、
自分がどのような傾向にあるのかを確認してみましょう!




❏ アキレス腱が内側・外側に傾いていませんか?

FullSizeRender
左:内側への傾きは『扁平足』

右:外側への傾きは『ハイアーチ』




❏ 後ろから指が見えていませんか?

FullSizeRender
左:小指がみえていると『扁平足』

右:親指がみえていると『ハイアーチ』





❏ アーチはありますか?

FullSizeRender
左:アーチのないぺたんこな足は『扁平足』

右:アーチの高い足は『ハイアーチ』






加えて、大切な指のチェックも⬇


❏ 指が浮いたり、握ったりしていませんか?

FullSizeRender
本来は床についているはずの指が浮いていたり、
何もしていないのに握っている状態も問題あり!!



※他にも細かいチェックポイントがありますが、
ご家庭で簡易的に出来る内容としています!



自分はどんな傾向にあるのか?を知ることで、
起こりうるリスクがわかり、怪我を未然に防ぐとこができます!


足のタイプ(ハイアーチ・扁平足)や
足の指と怪我・不調の関係は
また後日アップしますのでお楽しみに⭐