こんにちは!

トレーナーの山岸です(^o^)




ブログではこれまでも免疫力に関するお話をしてきましたが、
本日は6月のメディフィット通信のテーマでもあり、
免疫シリーズ第3段となる 『運動と免疫力』についてご紹介いたします!


これまでの内容は以下の記事をご覧ください(^o^)





【鼻呼吸と免疫力】



【睡眠と免疫力】







そもそも免疫とは?

身体に入ったウイルスや細菌、体内で発生したガン細胞を
異物と認識し排除してくれる、生きていく上で非常に大切な役割。





この撃退を行ってくれる物質を『免疫細胞』と呼び、
代表的なものには白血球(リンパ球、顆粒球、マクロファージ)などがあります。




※細かく分けると様々な免疫細胞がありますが、
今回は大まかに、分かりやすい範囲でのご紹介とさせていただきます。


character_body_blood_ketsueki
免疫細胞くん。 「ウイルスを察知してやっつけるぞーー!」





『免疫細胞』は血液中を流れて全身にめぐります。

「身体を冷やすと風邪を引く」というよく聞く言い伝えの本当の理由は、




身体を冷やし体温が下がる

血液の循環が悪くなる

免疫力細胞の働きが悪くなる

風邪を引きやすくなるということです!





sick_samuke_woman






適度な運動は血液の循環を良くするだけにとどまらず、




『免疫細胞』を増やしてくれる効果もあり、
風邪を引きにくい身体を目指すためには大切なのです!





medical_virus_koutai
「やっつけろーーーー!」







反対に日常のストレスや不規則な生活などで自律神経が乱れると

免疫細胞であるリンパ球の働きを抑制することにもつながります。








medical_virus_saibou




「いつもなら勝てるウイルスなのに…」

身体が疲れていると、やっつけることができなくなってしまいます💦










運動には先ほどご紹介した

《 血液循環のアップによる免疫細胞の活性化 》に加えて


《 自律神経の調整 》の効果もあります。






日中は適度な運動
・通勤でのウォーキングや自転車、
・軽いジョギングなどで身体を動かし、

夜は自宅で疲れた身体をリラックスさせて

メリハリのある生活を送りましょう!







IMG_4860





日常的なウイルス予防習慣に加えて、

自分自身の免疫力を上げることで、

コロナに負けない身体を維持していきましょう!!










通信はこちらをクリックし、大きくしてご覧ください♪

通信 6月号



通信 6月号裏