こんにちは!
トレーナーの山岸です(^o^)

 
例年であれば運動会、高体連・中体連のシーズンですが
今年は子どもたちには苦しい年になってしまいそうですね。。。


しかし、未来の可能性は無限!
来年、その先に向けて今築いておきたい体の土台づくりをご紹介いたします。


親子で出来る運動をご紹介しますので、
家族みんなでストレスを発散してみてください⭐


IMG_4904



その前に・・・
 
筋トレは何歳から?
運動は早くからやったほうが身につく?


保護者の皆様はさまざまな疑問が浮かんでくるかと思います。



まず身体づくりの基本として覚えてもらいたいのが

パフォーマンスピラミッド



名称未設 定
どんなスポーツでも土台が安定していることで、
安定したパフォーマンスを発揮することができます。




□ 可動性

身体が思い通りにスムーズに動く可動範囲のことです。

可動性が低いといくら足をあげようと頑張っても、
うまく上がらなかったり、他の部分で動きをごまかしてしまいます。






□ 安定性

ただ可動範囲が広いだけではいけません。

可動範囲をコントロールし、思い通りに動かす能力も大切です。


身体が安定しないまま激しいスポーツを行うことで、
余計に筋肉を使ったり、転倒して怪我をしたり…

スキルを上達させるためにも、怪我を防ぐためにも非常に重要です。





下のようなピラミッドになっている子はいませんか??

名称未設定

プレーはうまくて、力もある!でも身体が硬い…

その状態でプレーを続けると、疲労がたまりやすく怪我のリスクも高くなります。






併せて意識してほしいことが

年代にあわせたトレーニング
 





〇〇選手になるために同じトレーニングをやってみろ!
〇〇高校でやってるらしいから同じメニューやるぞ!


情報が多く溢れている現代では、アスリートのトレーニングの様子が数多く公開されていますが、
アスリートはたくさんの基礎を積み重ねてたくさんのトレーニングを行っています。

難しいことへ挑戦することも大切ですが、
育成年代では身体の成長にあわせたトレーニングの選択が必要です!





本日は、親子でできる身体の基礎筋力を高めるトレーニングを2つご紹介します!


ぜひ楽しく遊びながら、身体の土台を広げてみてください♫

(お父さんお母さんは、頑張りすぎて怪我をしないようご注意ください^^;)