こんにちは!
トレーナーの山岸です!



昨日より11月がスタート!

札幌でも雪虫を多く見かけるようになり、
いつ雪が降ってもおかしくない寒さになってきましたね💦


IMG_2631




さて、寒くなるこの時期に悩みとなる

冷え。

冷えは、女性にとって悪影響しかありません。
詳しくはこちらをご覧ください!
 ↓ ↓ ↓




先日は、

カラダを冷やしてはいけない理由

をお伝えしました。



そこで本日は

冷えに関係する

『基礎体温と女性の健康』

の関係性についてご紹介していきます😊





①基礎体温とは

基礎体温とは、
カラダの動きが一番安静な状態にあるときの体温のこと。

起床時に布団の中で、
寝たまま体温を測ります。


FullSizeRender

女性の場合は、月経周期に合わせて、
基礎体温も周期的に変化します。








②月経と基礎体温の関係

女性は、平均25〜38日周期で月経が訪れます。


約1ヶ月の周期の中で、
女性ホルモンの分泌は変化し、


・気持ちの浮き沈み
・むくみやすさ
・食欲の変化
・腸の活動の変化


など、カラダに様々な変化が起こります。


IMG_5217




そして、

『 基礎体温 』も変動します。


卵胞期(月経開始〜排卵前)には
"低温相"


排卵期を経て、


黄体期(排卵後〜月経前)には
卵を温めるために、
"高温相"


となります。




数値として変化が現れる基礎体温を計測し、

記録しておくことにより、

「排卵の有無」
「卵巣・子宮の機能状態」
「ホルモンのバランス」など

自分のカラダの状態を
知ることもできるのです👏🏻





月経は周期的にきているから私は大丈夫!!
と思っている方も、


実は・・・

排卵が起こっていないかも?
受精卵が育ちにくい子宮の状態かも?

IMG_5226





③基礎体温が乱れる理由

本来であれば周期的に変動する基礎体温。


しかし、

無理なダイエットによる栄養不足
仕事・学校などストレス
睡眠不足

などより、

女性ホルモンの分泌が低下。

基礎体温の周期性も乱れてしまいます。



そして、これからの時期は

カラダの冷えにより、

血液の循環が悪くなり
卵巣の働きが低下し、

排卵が正常に行われなくなることもあります。




月経痛や月経に伴う症状が[重い or 軽い]

月経周期が[一定 or 不順]

という面に加えて、


基礎体温から
カラダの状態をチェックし、


将来の妊娠・出産へ向けた
カラダの準備

卵巣・子宮の状態を握することに

繋げてほしいと思います✨

IMG_5220

もし、測ってみようかな〜〜と思った方は、
「婦人用体温計」を購入し測ってみてください!
(私はドラッグストアにて1,500円くらいで買ったものを使っています♩)




そして、今回はお伝えできなかった、


じゃあ、どうすれば体温が上がるの??


という部分は、
自宅で出来るエクササイズを中心に、
【後編】でご紹介します!


お楽しみに!





これからも、

"女性トレーニング指導者"として

女性の皆様の力になれるよう、

サポートしてまいります💚💛