施術と運動で予防ができるメディフィット整骨院 / コンディショニングラボ

2017年10月

初めまして!こんにちは!

9月より勤務させて頂いております、トレーナーの山岸舞と申します。



IMG_7432



【プロフィール】


名前:山岸 舞


生年月日:1996年8月13日 21歳   典型的なO型です


出身地:十勝 鹿追町



出身校:帯広三条高校  ⇒  北海道スポーツ専門学校(旧北海道体育大学校)
                                         スポーツトレーナー学科 在学中
              


スポーツ歴:ハンドボール、スピードスケート、水泳、陸上



趣味:お菓子作り(泉先生には信じてもらえません)



特技:小さいころは木登りでした。(今でも登りたくなります)








子供のころから身体を動かすことが大好きで、
運動に関わる仕事がしたいと思っていました。



学生時代の部活動や、スポーツジムのアルバイトでは、
怪我により思うように練習ができない・結果を残せない仲間、
もうこの痛みは治らないから…と諦め、我慢しながら生活をする・運動を続けている方を多く見る中で、



「トレーナー」という仕事にたどり着きました。





「人生の幸せ・楽しさ」はそれぞれ違いますが、
何をするにも「健康な身体・ストレスなく動ける身体」があってこそのことだと考えています。



そこで、トレーナーとしてスポーツ選手から一般の方・子供・高齢者の方々など、
1人1人に向き合い、それぞれの「健幸」を手に入れるサポートをしていきたいです!





宜しくお願い致します!!







こんばんは!

セラピストの今野です!

今年も残り2ヶ月弱とせまり、札幌もだんだん冬の気配が漂ってきています(^^)
早いものですねー。



そんな寒さが肌に感じる札幌ですが、先日きたえーるで開催された『秋のUSA札幌キャンプ』にメディカルスタッフとして2日間帯同させていただきました!

image



今年の春のキャンプにも帯同させていただきましたが、今回も子供達には笑顔いっぱいの踊りを見させてもらい会場は活気で溢れていましたよ!
本当にいつも元気を貰っています(^^)

image

沢山のチームが集まり、共に踊り他のチームとの親交を深めることで北海道のチアダンスが盛り上がっているのは言うまでもありません。

プロスポーツでも専属のチアダンスチームがあったり、今ではスポーツでも欠かせないチアダンス。

image

皆さん今後注目してみて下さい!


さて、今回もメディカルスタッフという立場で参加させていただきましたが、ダイナミックな動きやジャンプ、複雑な動きなどチアダンスもスポーツ競技と比べて良いほど身体への負担はかかります。
今回は現場で起きた怪我はありませんでしたが、もともと痛めてしまって患部が気になる子へのテーピング処置を行ったり、身体に対してのケア方法を知りたいという子が僕のところに来てくれました。
怪我人が出なかったことは良いことですが、もともと痛みを抱えている子は多いです。

『ほっとけばあとで良くなると思ってた。』
『そのうち良くなるでしょ?』

子供達からよく聞くワードです。
しかし、なかなか痛みが引かず何でもなかった部位が痛くなってきたり、気づいたら問題なく動けていた関節が硬くなってしまったなど、ほっとくことでより大変になってしまうこともあります。

早めの対処が重要ですが、どこに行けば良いか分からないという声もよく聞きます。
子供達は多少の痛みや違和感があってもやってしまう『頑張り屋さん』です。
親御さんから子供達に声をかけてあげることも大事なことだと思います。


当院でも痛みの治療からより良いカラダづくりのサポートを行っています。

何か身体への不調を抱えている、家族や友人が身体に対して悩んでいるなど、まずは1度ご相談下さい!
011-281-4707(定休日:日曜)

22812732_1330718690383886_1866795682_o

今回のUSAキャンプ終了後の全体写真です!
みんな良い笑顔\(^o^)/



みなさん、こんばんは!
メディフィットトレーナーの成澤です。

日が短くなって、寒くなってきましたが
今年の北海道の冬は平年並み、または暖冬みたいです。

北海道に住む皆さんの中には冬になると
雪かきや交通障害など、何かと嫌がられる「雪」ではありますが
私の専門はスキーなので雪がなければ活動できません・・・

だからと言って、私は雪かきもしないし冬の運転は怖いし、
「山にだけ雪が降ったら良いのにな~」と
わがままを言っています(笑)

IMG_2482
冬はすぐそこです!!!!!
気温の変化が激しいので体調管理にお気を付けください。


さて・・・!
本日のブログは「機能的なカラダ」についてです!(^^)!

前回、私が書いたブログ記事で「パーソナルコンディショニング」をご紹介いたしましたが
メディフィットのホームページや
Facebook、インスタグラムに投稿したパーソナルコンディショニングの動画(見ていない方はぜひご覧ください!)
には「機能的な」という言葉をちらほら、目にすることが多いと思いますが
具体的に「機能的なカラダ」とはどのようなものなのでしょうか。

今日のブログでは、そこにスポットをあてて
機能的なカラダについてひも解いていこうと思います。

物を持ち上げる時に背中が丸まっていませんか?
これは、腰で持ち上げる負荷がかかるので
腰を痛めるリスクがあります。




















そこで!!!
股関節の力で持ち上げるのがこちらです💁↓


















物を持ち上げる時に、ほんの少しの意識を変えることで
腰への負担が軽減されます。

機能的を
辞書で調べると
「目的を満足させるのに十分な機能を備えて、無駄がないさま。」
と出てきます。
カラダにフォーカスすると、
「関節や筋肉、腱が本来の役割を取り戻して正しく動き、
自分のカラダを自由自在にコントロールしたり思い通りに連動させる」
と言ったところでしょうかね ( ^^)

人間のカラダは、一つの筋肉だけではなく
体中のさまざまな筋肉を連動させて、日常動作や運動を行うことができます。
歩く、座る、しゃがむ、物を持つ、走るなどの行為は
脳からの指令によって体幹を安定させて行いますが
もし仮に、体幹を安定できていなかったらどうなるでしょうか。

腰が痛くなったり、肩が痛くなったり、余計な力が入ってしまったりすることで
カラダの各部位に悪影響を及ぼします。(怪我にも繋がりますよね・・・)

これらを防ぐためには、カラダの各関節を本来の可動域で動かし
筋肉を連動させるようにしなければなりません。

そのために
コンディショニングが必須とも言えるのです。
そして、それがメディフィットの「パーソナルコンディショニング」というサービスでもあります。

最近では、筋トレブームが一世を風靡しておりますが
間違ったトレーニング、過度なトレーニングをしていては
カラダも追いつきません。

今こそ、
メディフィットで
トレーナーと一緒に「機能的なカラダ」を目指しませんか?

お問い合わせ、お待ちしております!

TEL : 011-281-4707


おはようございます!
Medifit Conditioning Labo トレーナーの宮本タオです!


今日のテーマは、【 自宅で行えるストレッチポール エクササイズ 】です。

ストレッチポール エクササイズとは、ストレッチポールを使って、呼吸+運動をすることで、体幹トレーニングになったり、筋肉のストレッチ効果などがあります。
 
○特に、腰痛や、肩こりをお持ちの方にはオススメです!!

やり方は簡単♪
ストレッチポールに乗り、リラックスした状態で、バランスをとりながら、運動するだけ!








今日は、評価からエクササイズまでセルフで行っていきます!


ではまず、姿勢の評価から行っていきましょう。
※今日は、iPhoneのアプリを使用してみました!

< エクササイズ前 >

ほとんど真っ直ぐですが、全体的に重心が前にいっているのがわかりますね(T . T)


では、ストレッチポールを使用したエクササイズに入っていきます!



エクササイズ① 腹式呼吸


鼻から吸って口から吐くシンプルな深呼吸です。
吸う際に、お腹→胸の順番に空気を入れる(膨らませる)ように行うと効率の良い呼吸ができます!リラックス効果も☺️



エクササイズ② 円書き運動
肘と手の甲が床につくところで、円を描くように肩甲骨から動かしていきます。
時計回りと逆回り両方おこないます!




エクササイズ③ 前ならえ脱力
前ならえの状態から手を天井に向かって伸ばしていきます。限界まで行ったら、脱力して、「ストンッ」と力を抜きます。 

以上、エクササイズ三種でした。


そして、エクササイズ後の姿勢がこちらです。

< エクササイズ後 >

5分間ほどの運動でしたが、効果がしっかりと現れました!
前傾気味だった軸が、真っ直ぐに治りました(^-^)


このように、セルフでも身体は変わります!
健康な身体があってこその仕事であり、生活であり、遊びであります。

Medifit Conditioning Laboでは、ストレッチポールの販売、エクササイズ指導を行っております!

ご興味のある方は、是非、足を運んで頂けると嬉しいです☺️

お電話もお待ちしております!
☎︎ 011-281-4707

このページのトップヘ