施術と運動で予防ができるメディフィット整骨院 / コンディショニングラボ



こんにちは!
トレーナーの山岸です(^o^)


緊急事態宣言が解除され、社会活動が少しずつ活発になるに当たり、
今後の感染拡大を防ぐために自分自身の免疫力を高めて
ウイルスに負けない身体を維持することが大切になります。


楽しい夏を迎えるために今から身体を整えていきましょう!🌻




そこで本日は免疫シリーズ第2弾!

『鼻呼吸と免疫』に引き続き、免疫力を高めて健康を維持するための
『睡眠と免疫』についてご紹介いたします!


前回の記事はこちらから⬇





そもそも睡眠は

身体の疲労回復・修復
記憶の定着・整理 

のために必要だと言われています。


よく耳にする『成長ホルモン』など
さまざまな物質が睡眠中に身体を修復・成長させる働きを行っています。



中でも『メラトニン』

『睡眠ホルモン』
とも呼ばれる大切なホルモン!


・深い睡眠を引き起こし、体内時計の調整を行ってくれる
・深部体温を下げ睡眠準備を行う
・睡眠を維持する


など質の良い睡眠で身体を回復させる上で重要な役目を担っています。


レム睡眠のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや


さらに!メラトニンは、
身体の中の異物を排除する『 免疫細胞 』を増やし、
免疫力を高める作用もあるんです。


実際に、不規則な生活で寝不足となり風邪を引いたり、
疲れているはずなのに眠りが浅くなったりしたことはありませんか?



本来は身体に備わる免疫作用や体内時計を調整する役割を担う『メラトニン』

しかし、寝不足や質の悪い睡眠が続くと、
分泌が減り本来の役割を果たせなくなります・・・


手洗いうがいでは免疫力は上がらない|作業療法学科ブログ|介護福祉士 ...



睡眠の質を上げ、コロナに負けない身体を作れるよう

快適な睡眠のためのポイントをいくつかご紹介致します!




ポイント① 光

メラトニンは目から入る光の量👀によって分泌が増減します。


目から入る光の量の変化を脳が察知!
「夜だからそろそろ寝てね〜」と指令が送られることで、
深い眠りにつく準備をはじめます。




反対に、

・寝る直前までスマホ見る
・昼夜逆転した生活
・昼夜のメリハリのない生活(日光を浴びない・室内にこもりっぱなし)

ではメラトニンの分泌が減り眠りが浅くなり、免疫機能も低下してしまいます。





『オレンジなどの暖色系の光』のほうがメラトニン分泌を抑制しないとの研究もあります。
キャンドルやオレンジ系の電球で光を抑えましょう。


nedoko_smartphone





ポイント② 食事

➡ カフェイン『メラトニン』の分泌を抑制します。
  コーヒーや緑茶などを寝る直前の摂取は避けましょう!

➡ 朝食ではタンパク質(牛乳・チーズ・鶏肉など)の摂取を!
  昼間に『セロトニン』、夜間に『メラトニン』を作る原料となります!


セロトニン = 幸せホルモン についてはこちらから⬇






ポイント③ 入浴時間

➡ 入浴により体温は上がり、お風呂出てから少しずつ下がりスムーズな入眠につながります。
就寝直前の入浴は避け、寝る1〜2時間前には終わらせましょう。



IMG_5203






『睡眠ホルモン』が適切なタイミングで分泌され、免疫力が高められるよう

これらのポイントを意識して質の良い睡眠をめざしていきましょう!🔥





 




こんにちは!

ここ数ヶ月は非日常な生活となっている方も多いかと思いますが、
半年後、一年後、またその先に
笑っていられるよう今できることをやっていきましょう!!






さて、本日はそんな未来を明るくするための
身体づくりについてお話をさせていただきます!

炭酸水の効果的な飲み方 | 炭酸水でおすすめな健康生活


”身体づくり”と聞いてどんなイメージがありますか?


アスリートでもないのに身体づくりって必要なの?
とりあえず病気もしてないし私には関係ない話かな…


他人事のように感じる方もいらっしゃるかと思いますが、


子どもも大人もアスリートも
身体づくりの基本はすべての方に通じるものであると考えています。




そこでこれまでもお伝えしてきたパフォーマンスピラミッド。



名称未設 定


スキルやパフォーマンスという言葉を見ると、
アスリートのイメージが強くなるかと思いますが、



例えば
ドライヤーをかけるという日常動作にあてはめると…


名称未設   定
少しこじつけ感もありますが、

肩が痛くて腕をあげられない。
手首が痛くてドライヤーを持つことがままならない。
筋力が落ちて上げた手を維持できない。


数年後、数十年後にこのような状態になっているかもしれません。

何気なくできていた日常動作も、
基礎がないと身体に負担のかかる動きになってしまいます。






さらに、本日のポイントは緑の土台(可動性・安定性)の更に下。

名称未   設定
黄色ピンクの層は、
痛みや不調を感じて病院や整骨院へ行く段階となります。


名称未設 定



左下のように、肩こり⇔もみほぐしを繰り返している。

痛みがなくなった時点がゴールではなく、
再発しない身体づくりまで行う必要があります。



また右側のように、ダイエットのためトレーニングに励むが、
トレーニングによって腰を痛めている。

せっかく運動に励んでいるのに、
腰を痛めて運動ができなくなってしまうのはもったいないですね。



名称  未設定

名称未   設定




不調のない快適なカラダで生活をより良くするために、
自分がどの段階にいるのか?を知り、

各ステージごとに必要な身体づくりを行うことが大切です。





M E D I ・F I T では各ステージにおける専門スタッフが、
皆様の身体づくりをサポートします!

今だからこそできる、身体の根本改革。
自分自身を見つめ直し、より良い身体をめざしましょう!

名称未設    定







 



こんにちは!
トレーナーの山岸です(^o^)

 
例年であれば運動会、高体連・中体連のシーズンですが
今年は子どもたちには苦しい年になってしまいそうですね。。。


しかし、未来の可能性は無限!
来年、その先に向けて今築いておきたい体の土台づくりをご紹介いたします。


親子で出来る運動をご紹介しますので、
家族みんなでストレスを発散してみてください⭐


IMG_4904



その前に・・・
 
筋トレは何歳から?
運動は早くからやったほうが身につく?


保護者の皆様はさまざまな疑問が浮かんでくるかと思います。



まず身体づくりの基本として覚えてもらいたいのが

パフォーマンスピラミッド



名称未設 定
どんなスポーツでも土台が安定していることで、
安定したパフォーマンスを発揮することができます。




□ 可動性

身体が思い通りにスムーズに動く可動範囲のことです。

可動性が低いといくら足をあげようと頑張っても、
うまく上がらなかったり、他の部分で動きをごまかしてしまいます。






□ 安定性

ただ可動範囲が広いだけではいけません。

可動範囲をコントロールし、思い通りに動かす能力も大切です。


身体が安定しないまま激しいスポーツを行うことで、
余計に筋肉を使ったり、転倒して怪我をしたり…

スキルを上達させるためにも、怪我を防ぐためにも非常に重要です。





下のようなピラミッドになっている子はいませんか??

名称未設定

プレーはうまくて、力もある!でも身体が硬い…

その状態でプレーを続けると、疲労がたまりやすく怪我のリスクも高くなります。






併せて意識してほしいことが

年代にあわせたトレーニング
 





〇〇選手になるために同じトレーニングをやってみろ!
〇〇高校でやってるらしいから同じメニューやるぞ!


情報が多く溢れている現代では、アスリートのトレーニングの様子が数多く公開されていますが、
アスリートはたくさんの基礎を積み重ねてたくさんのトレーニングを行っています。

難しいことへ挑戦することも大切ですが、
育成年代では身体の成長にあわせたトレーニングの選択が必要です!





本日は、親子でできる身体の基礎筋力を高めるトレーニングを2つご紹介します!


ぜひ楽しく遊びながら、身体の土台を広げてみてください♫

(お父さんお母さんは、頑張りすぎて怪我をしないようご注意ください^^;)







このページのトップヘ