○○してみたシリーズ第1弾【 雪かきしてみた 】です!

こんばんわ!
Medifit Conditioning Labo トレーナーの宮本 タオです!

最近は、激甚な寒さとツルツルな道路、、、北海道も遂に本気を出してきたようですね(T . T)

そこで、今年の冬も乗り越えなければいけないことがあります。

そうです。「 雪かき 」です。

毎年、毎年、「腰が痛い!」「背中が痛い」「肩が痛い」などと、身体に負担がかかっている状態で、雪かきをせざる終えないという話を良く耳にします。

そこで、今回は
腰痛防止!雪かき時の正しい身体の使い方

について、ご紹介致します!


では早速、腰痛に弱いフォーム、腰痛に強いフォームがどんなものなのか、見ていきましょう。

< 腰痛に弱いフォーム >


見ての通り、背中が丸まってしまっています💀
意外と無意識で雪かきをすると、このようなフォームになりがちです!本当です!

このフォームですと、背中・腰に大きく負担がかかり、腰痛につながります。

次に、腰痛に強いフォームです!

< 腰痛に強いフォーム >

背中が一直線になっていることが分かります!

このフォームだと、背中の筋肉をバランス良く使うことができ、腰の負担を減らすことができます!

そして、1番注目して頂きたいのが、"お尻の動き"です!

腰痛に強いフォームでは、しっかりお尻を後ろへ引き、股関節を使えているので、腰にかかる負担を軽減できます!
注意点
背中をまっすぐにすることを意識しすぎて、腰が反っては、逆効果です💀


〜大事なポイント〜
①背中をまっすぐにする
②お尻を後ろへ引き、股関節を最大限つかう

この2つを意識して、雪かきをすると、
腰痛予防だけでなく、身体にとっても良いトレーニングになります!!

冬は、通常よりも代謝が上がりやすい季節なので、雪かきをするだけでも、ダイエット効果あり!

そして、若者が、率先して雪かきする家庭が増えて欲しいと思います

親への感謝の気持ちを、雪かきで表現しよう♫

今年も、残り少ないですが、楽しんでいきましょう!



メディフィットに新しい仲間が加わりました!!

初めまして!こんにちは!

9月より勤務させて頂いております、トレーナーの山岸舞と申します。



IMG_7432



【プロフィール】


名前:山岸 舞


生年月日:1996年8月13日 21歳   典型的なO型です


出身地:十勝 鹿追町



出身校:帯広三条高校  ⇒  北海道スポーツ専門学校(旧北海道体育大学校)
                                         スポーツトレーナー学科 在学中
              


スポーツ歴:ハンドボール、スピードスケート、水泳、陸上



趣味:お菓子作り(泉先生には信じてもらえません)



特技:小さいころは木登りでした。(今でも登りたくなります)








子供のころから身体を動かすことが大好きで、
運動に関わる仕事がしたいと思っていました。



学生時代の部活動や、スポーツジムのアルバイトでは、
怪我により思うように練習ができない・結果を残せない仲間、
もうこの痛みは治らないから…と諦め、我慢しながら生活をする・運動を続けている方を多く見る中で、



「トレーナー」という仕事にたどり着きました。





「人生の幸せ・楽しさ」はそれぞれ違いますが、
何をするにも「健康な身体・ストレスなく動ける身体」があってこそのことだと考えています。



そこで、トレーナーとしてスポーツ選手から一般の方・子供・高齢者の方々など、
1人1人に向き合い、それぞれの「健幸」を手に入れるサポートをしていきたいです!





宜しくお願い致します!!







子供達のエネルギーが半端ない!!

こんばんは!

セラピストの今野です!

今年も残り2ヶ月弱とせまり、札幌もだんだん冬の気配が漂ってきています(^^)
早いものですねー。



そんな寒さが肌に感じる札幌ですが、先日きたえーるで開催された『秋のUSA札幌キャンプ』にメディカルスタッフとして2日間帯同させていただきました!

image



今年の春のキャンプにも帯同させていただきましたが、今回も子供達には笑顔いっぱいの踊りを見させてもらい会場は活気で溢れていましたよ!
本当にいつも元気を貰っています(^^)

image

沢山のチームが集まり、共に踊り他のチームとの親交を深めることで北海道のチアダンスが盛り上がっているのは言うまでもありません。

プロスポーツでも専属のチアダンスチームがあったり、今ではスポーツでも欠かせないチアダンス。

image

皆さん今後注目してみて下さい!


さて、今回もメディカルスタッフという立場で参加させていただきましたが、ダイナミックな動きやジャンプ、複雑な動きなどチアダンスもスポーツ競技と比べて良いほど身体への負担はかかります。
今回は現場で起きた怪我はありませんでしたが、もともと痛めてしまって患部が気になる子へのテーピング処置を行ったり、身体に対してのケア方法を知りたいという子が僕のところに来てくれました。
怪我人が出なかったことは良いことですが、もともと痛みを抱えている子は多いです。

『ほっとけばあとで良くなると思ってた。』
『そのうち良くなるでしょ?』

子供達からよく聞くワードです。
しかし、なかなか痛みが引かず何でもなかった部位が痛くなってきたり、気づいたら問題なく動けていた関節が硬くなってしまったなど、ほっとくことでより大変になってしまうこともあります。

早めの対処が重要ですが、どこに行けば良いか分からないという声もよく聞きます。
子供達は多少の痛みや違和感があってもやってしまう『頑張り屋さん』です。
親御さんから子供達に声をかけてあげることも大事なことだと思います。


当院でも痛みの治療からより良いカラダづくりのサポートを行っています。

何か身体への不調を抱えている、家族や友人が身体に対して悩んでいるなど、まずは1度ご相談下さい!
011-281-4707(定休日:日曜)

22812732_1330718690383886_1866795682_o

今回のUSAキャンプ終了後の全体写真です!
みんな良い笑顔\(^o^)/


ギャラリー
  • ○○してみたシリーズ第1弾【 雪かきしてみた 】です!
  • ○○してみたシリーズ第1弾【 雪かきしてみた 】です!
  • メディフィットに新しい仲間が加わりました!!
  • 子供達のエネルギーが半端ない!!
  • 子供達のエネルギーが半端ない!!
  • 子供達のエネルギーが半端ない!!
  • 子供達のエネルギーが半端ない!!
  • 機能的なカラダってなんだろう
  • 機能的なカラダってなんだろう